「僕はまだ正常さ」