「そんなに見つめても、あげませんからね…?」