「僕の話をするとしよう…フォオオウー!」