「諸星さん、少々お時間を…」