I型の谷間 2022